かかる費用と乗り捨て(ワンウェイ)料金

旅先で車があると、行動範囲が広がっていいものです。

 
とくに九州などは、正直あまり鉄道網が発達しているとはいえませんので、車のありがたみが余計に身にしみます。

 

 

通常車を借りるとき、借りた営業所と返却をする営業所というのは同じである必要があります。

 
しかし、前述した九州旅行の場合、飛行機で博多に到着をしたら博多で車を借りて、宮崎で車の返却をして飛行機で東京に帰る、というようなスケジューリングをしている人も多いです。

 
わざわざ、返却のためだけに再び博多に戻るというのは、ナンセンスです。

 

 

そんな時、「乗り捨て」という制度がある会社もあります。
とは言っても、そのあたりの道端にそのまま車をおいていくわけではありません。

 
乗り捨てというのは、車を借りた営業所とは別の営業所で車を返却することです。
これは、とくに周遊旅行をしている人などにとっては、便利な制度と言えます。

 

 

とはいえ、車を貸した営業所からすれば、他の営業所まで車を取りに行かなければなりませんので、結構手間がかかります。
そのため、乗り捨てをする際には、通常の費用以外の別途お金がかかる場合もあります。
しかし、そのお金はわざわざ借りた営業所まで行くのに比べれば、安いものかもしれません

fishing01_m